台湾まぜそば

「一刻魁堂」の台湾まぜそばを食べたので、その感想を書く!

愛知県などの東海地方を中心にチェーン展開しているラーメン屋「一刻魁堂」。

今回はそこの台湾まぜそばを食べたので、その感想を書いていこうと思う。

「一刻魁堂」の台湾まぜそばを食べた感想

「一刻魁堂」の台湾まぜそば

「一刻魁堂」の台湾まぜそばはこのような感じで提供される。

卵はラーメンの上に乗っていなく、自分で載せる仕組みとなっていた。

また台湾まぜそば特有の締め「追い飯」は、初めっからラーメンと一緒に提供される。

おい飯の量は茶碗の3分の1ほどであり、多めになっている。

店員さんと「追い飯お願いします」と頼むちょっとした楽しみが味わえなく、少し残念だと思った。

「一刻魁堂」の台湾まぜそば
「一刻魁堂」の台湾まぜそば

卵をのせていない状態で撮影した。

  • ネギ
  • ニラ
  • 台湾ミンチ
  • 玉ねぎ
  • ノリ
  • 魚粉

これらの具材が乗っていることが確認できる。台湾まぜそばの具としてはいたって標準的なものだろう。ただし量は少し少なめだった。

食べてみたところ、唐辛子の辛味がすごかった。

橋を進めるとまるで唐辛子を練り込んだ麺を食べたような気持ちになってくる。

その為台湾まぜそばの中でも辛めの味付けになっており、辛いものが苦手な肩は食べるのが困難になってくるだろう。

もし辛すぎると感じた場合は、一緒に持ってこられる「酢」を入れることをお勧めする。

そうすることにより、からさが少し和らぎ、まろやかな味に変わるからだ。

麺は混ぜ麺にしては細めであるものの、もちもちしており食べ応えがある。

  • 唐辛子を練り込んだような強い辛さ
  • 追い飯の量が多い
  • 具の量が少なめ
  • 卵を自分で割る必要がある
  • 追い飯のコールが出来ない

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です